スタッフ紹介

院長紹介

院長 髙山 祐輔

院長あいさつ

「生涯にわたりお口の健康を維持していくために」

新百合ヶ丘南歯科では来院される皆様に対し、長期的に健康なお口の環境を維持し生涯にわたりおいしく食事をし、笑顔と口元に自信を持ちながら会話を楽しめる生活をバックアップしていきたいと真剣に考えております。
そのためには、現在のお口の状況を詳細に把握し、将来起こり得る状況を前もって予測することが重要です。その情報を我々医療従事者と患者さんとが共有することで、初めて生きた情報となり、効果的な予防方法や治療方法の理解、実践につながると考えております。先ずは患者さんとの信頼関係が一番重要だと考えており、初めての診察の前にはカウンセリングルームにてゆっくりお話しを聞かせて頂き、十分にコミュニケーションを取りながらスタート致します。

私自身、開業前12年間は設備の整った大規模歯科医院で勤務をしており、様々な症例や患者さんと向き合って研鑽を積んで参りました。
その期間の経験を踏まえ、私たちが提供できる最善の技術、知識とコミュニケーションを実践する上で日本の保険診療をベースとした診療システムでの限界を感じ、現在の自由診療での診療スタイルを選択した経緯がございます。
それらを前提に当院では、グローバルスタンダードを掲げ、患者さんに「最善の医療」を受診して頂けるよう日々の勉強を大切にし、治療技術の向上に力を入れております。

院長 髙山 祐輔

タカヤマ ユウスケ

経歴

2004年 日本大学歯学部卒業
横浜市内の歯科医院にて勤務
2012年 東京SJCDレギュラーコース修了
2013年 東京SJCDマスターコース修了
2014年 東京SJCDマイクロコース(ベーシック、ペリオアドバンス、エンド)修了
オーラルフィジシャンコース修了(日吉歯科診療所、山形県酒田市)
「複数部位欠損症例に対し咬合機能保全を行った一例」
東京SJCDステップアップミーティング発表
2015年 MeG Micro Prosthesis course(Dr. Domenico Massironi 、イタリア)修了
2016年 新百合ヶ丘南歯科開院
2017年 「MI修復治療の現在を考察する ポーセレンラミネートベニアの臨床」
Dental Products News 2017年2月号、株式会社ヨシダ
「A case report of congenital missing of mandibular both sides lateral incisor treated by zirconia-ceramic resin-bonded fixed partial denture」
日本顕微鏡歯科学会発表
「患者自らが予防法を考えて行動するために」
Dental Products News 2017年6月号、株式会社ヨシダ
「スマホ動画で学ぶ!精度を上げる治療手技 ジルコニア接着ブリッジの接着操作」
ザ・クインテッセンス2017年10月号、クインテッセンス出版
「Ena Heat&ENA HRiを用いた コンポジットレンジビルドアップ法」
Forest-one 症例掲載
2018年 「ビスコ・セラセムレジンセメントの有用性」
クリニカル・M・リポート新聞(2018年新春号)株式会社モリムラ
「BISCO TheraCem(MTA系デュアルキュア型レジンセメント)」
株式会社モリムラ 症例掲載
予防歯科をベースに、「最善の治療」を自由診療スタイルで実践する
DENTAL DIAMOND 2108年2月号、デンタルダイヤモンド社出版
「BISCO ZirClean(修復物洗浄ジェル)」
株式会社モリムラ 症例掲載

所属学会・団体

  • 日本顎咬合学会(咬み合わせ認定医)
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本ヘルスケア歯科学会
  • 日本臨床歯科医学会(東京SJCD)
  • ノーベルバイオケアインプラント 認定
  • アストラテックインプラント 認定
  • デンタルアーツアカデミー講師
  • 東京SJCDマイクロベニアコースアシスタントインストラクター
  • EXDI(自由診療認定医・アシスタントファカルティ)

スタッフ紹介

歯科衛生士 杉山幸菜

歯科衛生士 杉山幸菜

歯科衛生士は予防の専門家として、一人一人に合わせて生活習慣やセルフケアのアドバイスを行います。
また、患者さんご自身のセルフケアではカバーできない部分をプロフェッショナルケアにてサポート致します。

新百合ヶ丘南歯科は、歯科衛生士専用のマイクロスコープや歯や歯肉を傷つけずに汚れや着色を綺麗にできる器械(AIR-FLOW)、歯磨きのトレーニングスペースなど予防・メインテナンスに必要な設備が整っており、患者さんに精密な処置とわかりやすい説明をすることができます。
設備はもちろんですが、歯科医師・歯科衛生士・患者さんが協力して生涯にわたりお口の健康を維持していくことを考えたシステムがあり、院長は歯科衛生士を予防の専門職として尊重してくれています。そして予防の知識・技術を患者さんに十分に提供できるようにいつも配慮してくれています。

予防はすぐに結果がわかるものではないので、今日患者さんに話したアドバイスが本当にその方のお口の病気の予防に繋がったのか、長期にわたってフォローしていく必要があります。
私は新百合ヶ丘南歯科に長く勤務して、担当している患者さんと長く関わりながら、生涯にわたりお口の健康を維持して快適に食事したり笑ったりできるようにサポートしていきたいと考えております。

経歴

2011年 鶴見大学短期大学部歯科衛生科 卒業
2012年 5-D Japan Hygienist Course 修了
2013年 SJCDマイクロデンティストリー ハイジーンコース 修了
2014年 「新人歯科衛生士によるマイクロスコープの活用とチームアプローチ」
東京SJCDハイジニストミーティング発表
オーラルフィジシャンコース修了(日吉歯科診療所、山形県酒田市)
2016年 新百合ヶ丘南歯科 勤務
「マイクロスコープを用いたハイジニストワーク」
日本デンタルショー2016東京 白水貿易株式会社ブース内講演
2017年 「若手歯科衛生士が使うマイクロスコープの可能性」
日本顕微鏡歯科学会講演
「診療におけるマイクロスコープの有用性 歯科衛生士の立場から」
マイクロデンティストリーYEARBOOK2017、クインテッセンス出版
「患者自らが予防法を考えて行動するために」
Dental Products News 2017年6月号、株式会社ヨシダ
「DH’s Essayやっぱり私は歯科衛生士 感謝の気持ち」
デンタルハイジーン7月号、医歯薬出版株式会社
2018年 「セルフケアの質を高めるために」
第47回横浜デンタルショー 株式会社ヨシダ ブース内講演
「ハイジーンワークにおけるマイクロスコープの位置付け」
第5回「MDH」勉強会 特別講演
「歯科衛生士向け【はじめての顕微鏡ハンズオンコース】」
デンタルアーツアカデミー 講演
「若手歯科衛生士が使う マイクロスコープの可能性」
マイクロデンティストリーYEARBOOK2018、クインテッセンス出版
「セルフケアの質を高めるために」
人に伝えたくなる!CURAPROX歯ブラシ・歯間ブラシ
第8回 ワールドデンタルショー2018 株式会社ヨシダ ブース内講演

所属学会・団体

  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本ヘルスケア歯科学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本臨床歯科医学会(東京SJCD)
  • デンタルアーツアカデミー講師
  • iTOPインストラクター
新百合ヶ丘南歯科 新百合ヶ丘南歯科 044-322-8037

〒215-0021 神奈川県川崎市
麻生区上麻生1-3-5 ドレイク202

■診療時間
午前9:30~13:00
午後15:00~19:00
※土曜日の診察終了時間は12時30分です

■休診日
木曜、日曜、祝日

  • 症例集
  • 医院ブログ
[an error occurred while processing this directive]