歯科口腔外科

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科とは

一般的に、歯科口腔外科では、歯や歯肉に限らず、舌、粘膜、唾液腺、上下の顎などお口の中にあるすべての組織、顎、顔面などの病気やけがを、主に外科的な方法によって治療します。

当院では、虫歯や歯周病の治療だけでなく、お口の中の様々な疾患に対応しています。「怪我、外傷で唇、舌や頬粘膜を切ってしまった」、「親知らずが気になる」、「顎が開きづらい」といったお口周辺のトラブルがありましたら、ご相談ください。病状により大学病院、総合病院への紹介も行っております。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

「親知らず」は、前から8番目に生えてくる歯で、第3大臼歯や智歯ともよばれます。
一般的に、「親知らず」が問題になるのは、その位置と生え方にあります。
一番奥に有る歯の為、歯ブラシが届きにくいことに加え、横や斜め方向に生えている場合が多く、汚れが付着しやすいのです。不衛生な環境により、周囲歯肉の炎症や、「親知らず」自体のう蝕だけで無く、接している手前の歯の根元付近にう蝕が生じることが良くあります。このような場合は、早めの抜歯処置をおすすめしております。

ただし、手前の歯と同じように生え、きちんと歯磨きできる場合や、骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真で見て問題ない場合、そのほか、周りの歯や歯肉に悪影響を及ぼさなければ抜く必要はありません。

当院では、初診時にレントゲン検査を行い状況の説明を行います。症状や状態に応じて処置の必要性を説明し、下顎骨の中を走行している太い神経、血管が親知らずに近い場合はCT撮影を行い、安全に処置を行っております。
親知らずが心配な方はお気軽にご来院ください。

顎関節症

顎関節症

「顎関節症」は、頭蓋骨と下顎との間にある「顎関節」に起こる症状で、お口を開け閉めするときに顎の痛みや「カクカク」「ギシギシ」などの雑音がある、お口の開け閉めが困難などの症状が継続的にみられます。
顎関節症の原因には、不正咬合、外的要因による下顎のずれ、顎周りの筋肉への過度な負担、歯ぎしりや食いしばりの癖などがあげられます。実際は、これらが複数組み合わさることで発症することが多いようです。

「顎関節症」になると、「顎関節」やその周辺に痛みを感じる、お口を開け閉めするときに「カクカク」「ギシギシ」などの雑音がする、お口の開け閉めが困難などの症状が現れます。また、それにともない、頭痛、耳鳴り、肩こりなども起こります。
「顎関節症」を治療するには、関節やその周囲に負担がかからないように、お口の周りの機能や生活習慣などを改善する必要があります。適切な治療方法については症状によって異なりますが、マウスピースを使うスプリント療法、筋肉の訓練などを行なう理学療法、鎮痛剤などを使う薬物療法、歯ぎしりや食いしばりの癖を改善する行動療法などがあります。

顎関節症の治療は長期間に及ぶことがありますが、早い段階で治療を受けることで、短期間で治せる可能性があります。顎関節症の症状が思い当たる方は、放置せず早めにを受診しましょう。

新百合ヶ丘南歯科 新百合ヶ丘南歯科 044-322-8037

〒215-0021 神奈川県川崎市
麻生区上麻生1-3-5 ドレイク202

■診療時間
午前9:30~13:00
午後15:00~19:00
※土曜日の診察終了時間は12時30分です

■休診日
木曜、日曜、祝日

  • 症例集
  • 医院ブログ