補綴治療
(被せ物・入れ歯)

補綴治療の紹介

セラミッククラウン

補綴治療の流れ 術前
補綴治療の流れ 術中
補綴治療の流れ 術中
補綴治療の流れ 術後

オールセラミック接着ブリッジ

補綴治療の流れ 術前
補綴治療の流れ 診断用模型
補綴治療の流れ 歯牙形成終了時
補綴治療の流れ コンピューター上でのフレーム設計
補綴治療の流れ 術後

セラミックブリッジ

補綴治療の流れ 術前
補綴治療の流れ 術後

補綴治療とは

補綴治療とは

『補綴(ほてつ)治療』は、歯が欠けたり失ったりした場合、その部分を『被せ物』や『入れ歯』などの補綴物を使って機能性と審美性を取り戻す治療です。

被せ物は、虫歯などの治療で削った歯を全体的に補うもので、主な材料には、金属や『セラミック』(陶材)があります。
金属を使った補綴物は、一般的に金歯や銀歯といわれるものです。銀歯は低価格でつくることができ、金歯はフィット感に優れ虫歯になりにくいなどのメリットがありますが、いずれも周りの歯の色になじまず、目立ってしまいます。
その反面、セラミックを使った補綴物は、自分の歯のような色に仕上がるので、目立つことはありません。
ここでは主に、このセラミック治療についてご説明します。

補綴治療とは

入れ歯は、歯を全部または1本でも失った部分を補うもので、失った歯の数によって『総入れ歯』または『部分入れ歯』を使います。
入れ歯というと、クラスプ(留め金)が目立つというデメリットありましたが、最近では、留め金のない『ノンクラスプデンチャー』も普及しています。

また、インプラント治療に関しても最終的に、被せ物もしくは入れ歯による補綴治療を行います。

補綴治療の種類 

クラウン

クラウン

『クラウン』は、虫歯などの治療で削った部分を補う『被せ物』のことです。大きな虫歯を治療した後や、根管治療した後に使います。

ブリッジ

ブリッジ

『ブリッジ』は、少数の歯が欠損している箇所を補う補綴物のことです。欠損箇所に隣接している歯を削り、数本分の連結された被せ物を入れる方法です。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

『義歯』は、歯を失った場合、その部分を補って歯の機能性と審美性を回復させる補綴物です。
一般的に、入れ歯というと「思い切り噛めない」「発音しにくい」「見た目が悪い」などのデメリットを思い浮かべる方が多いようです。しかし、歯のないままにしておくと、見た目の問題が生じるだけでなく、あいたスペースがあるために歯並びの乱れや咬み合わせの悪化を招いてしまいます。
インプラント治療やブリッジにしないという方は、生涯にわたって心身ともに健康に過ごすためにも、入れ歯という選択が必要です。

【入れ歯の種類】

入れ歯には、大きく分けて以下の2つの種類があります。

総義歯(総入れ歯)

総義歯(総入れ歯)

プロビジョナルデンチャー(仮の入れ歯)
症例によっては、かみ合わせや、粘膜の安定を考えて仮の入れ歯を作り、事前に調整を念入りに行い問題が無いことを確認したうえで最終的な義歯を作成いたします。

総義歯(総入れ歯)

金属床義歯

部分床義歯(部分入れ歯)

部分床義歯(部分入れ歯)

歯が1本でも残っている場合に使います。
装着したときに歯肉の役割を果たすピンク色の部分を、歯のない部分に乗せ、隣の歯にクラスプ(留め金)を掛けます。

なお、総入れ歯と部分入れ歯は、それぞれにさまざまな種類がありますが、大きく分けて、保険診療のものと自費診療のものがあります。
保険診療の入れ歯は、低価格ですが、使える材料などに制限があり、機能性や審美性を追求できません。自費診療の入れ歯は、使える材料などに制限がないので、機能性や審美性を追求できますが、高額になります。

患者さまのご要望を踏まえ、症状やライフスタイルなどから総合的に判断し、ぴったりと合う入れ歯をご提供しますので、お気軽にご相談ください。

セラミック治療

【セラミックとは】

セラミックは白い陶材のことで、それを使うことにより、自分の歯と同じような見た目の補綴物をつくることができます。
金属の補綴物とは異なり、周りの歯の色になじむので、審美性に優れた素材として、以下のような補綴物に利用されています。

【セラミックの種類】

オールセラミック

オールセラミック

金属などを一切含まず、100%セラミックでできた材料です。透明感に優れているので美しく、自分の歯と同じような自然な見た目に仕上がります。
金属が含まれないので、歯肉が痩せても歯の根元部分に黒いラインが見えず、金属アレルギーの方も安心して使えます。しかし、金属が含まれない分、強い力などがかかると破損することがあります。

メタルボンドセラミック

メタルボンドセラミック

外側にオールセラミックを使い、内側に金属を使った補綴物です。
外側がオールセラミックなので美しく自然に仕上がり、内側が金属なので強度に優れています。しかし、金属を使っているので、金属アレルギーの方は使うことができず、歯肉が痩せてくると、歯の根元部分の金属が露出して黒いラインが見えてきます。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

外側にセラミックを使い、内側に強度に優れた『ジルコニア』(人工ダイヤモンド)を使った補綴物です。
外側がオールセラミックなので美しく自然に仕上がり、金属が含まれないので、金属と同じような強度がありながらアレルギーの方も安心して使えます。
オールセラミックより強度に優れているので、奥歯やブリッジへの使用に適しています。

料金表

セラミッククラウン ¥151,200~¥216,000
総義歯 ¥432,000~¥1,080,000

※料金は税込金額です。

新百合ヶ丘南歯科 新百合ヶ丘南歯科 044-322-8037

〒215-0021 神奈川県川崎市
麻生区上麻生1-3-5 ドレイク202

■診療時間
午前9:30~13:00
午後15:00~19:00
※土曜日の診察終了時間は12時30分です

■休診日
木曜、日曜、祝日

  • 症例集
  • 医院ブログ
[an error occurred while processing this directive]