医院ブログ

マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?

2018年08月26日
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
 新百合ヶ丘南歯科では、歯科医師、歯科衛生士ともにマイクロスコープ(歯科治療用顕微鏡)をほぼ全ての処置において活用し、より精度が高く、機能的、審美的で長期に渡り安定した治療結果を提供できるように心がけています。
 先ず、顕微鏡についてなのですが、一般的に光学顕微鏡は「生物顕微鏡」、「実体顕微鏡」に大きく分類できます。
「生物顕微鏡」は多くの方が学校の理科の授業で使った記憶があると思いますが、数10倍〜2000倍程度の拡大率で光を透かして生物の切片や細胞組織を観察する顕微鏡のことです。歯科医院によっては口腔内細菌の観察等で用いられております。
 医療現場で一般的にマイクロスコープといわれているのは「実体顕微鏡」のことで、数倍〜約20倍の拡大率の下、肉眼で見ている感覚と同じように両目で立体的に対象物を捉え、医療処置を行うことができる装置です。
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
 歯科医療において術者が使用する感覚の中でも、特に視覚が大きな割合を占めるのですが、マイクロスコープを用いることで視覚を向上し、肉眼に比べより正確な情報を元に診査診断から処置に至るまでクオリティーの高い結果につながるわけです。歯茎の手術においては肉眼に比べ高い成功率がデータで示されている文献も出てきております。

 今回は当院において日常的に行われているマイクロスコープを用いた虫歯治療の症例をご紹介致します。
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
右上6番(写真、左から2番目)、以前に虫歯治療にてコンポジットレジンによるつめ物がされているが、形が天然歯に比べ平坦で、審美、機能的に問題が認められる
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?

レントゲン上では詰め物の下に黒い隙間があり、二次う蝕(むし歯)が疑われる

マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
充填されているコンポジットレジンをマイクロスコープ下にて慎重に除去し、う蝕染め出し液にてう蝕感染を確認
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
健康な歯質を保存しながら、う蝕を選択的に除去する
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
コンポジットレジンによる修復処置に先がけ、確実な治療結果のためにラバーダム防湿を行う
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
コンポジットレジンと歯との間の接着を長期的に安定させるために、外せないステップの数々
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
仕上がりを約20倍の倍率にて確認
マイクロスコープを用いた虫歯治療で健康を取り戻す!?
マイクロスコープを用い、う蝕の感染を除去し、審美、機能的に満足のいく修復治療の結果が得られた(通院1回、処置時間1時間30分)

カテゴリー

アーカイブ

〒215-0021 神奈川県川崎市
麻生区上麻生1-3-5 ドレイク202

■診療時間
午前9:30~13:00
午後15:00~19:00
※土曜日の診察終了時間は12時30分です

■休診日
木曜、日曜、祝日

  • 症例集
  • 医院ブログ
[an error occurred while processing this directive]