医院ブログ

歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!

2020年05月15日
歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!
「感染予防を考えた診療システム」
個室診療、マイクロスコープ、ラバーダム防湿、フェイスシールド、長袖ガウン、口腔外バキューム

 新百合ヶ丘南歯科では、新型コロナウィルスに我々医療従事者が感染しない、医療従事者から患者さんに感染させない、患者さん同士で感染をおこさせないことを念頭に対策に取り組んでおります。

 当院では、開院当初より衛生環境として、国際水準の消毒滅菌設備、口腔外バキューム、ウィルスを除去可能な医療用空気清浄機を完備していたおかげで、特別大きな設備機器を導入することなく万全の感染予防対策ができていると自負しております。今回の件で、より強化した点としましては、スタッフ全員が医療用KN95マスク、長袖ガウン、オペキャップの常用、受付カウンター用の透明アクリル板設置、マイクロスコープにフェイスシールドを設置したことが挙げられます。

歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!
「歯科衛生士によるメンテナンス」

 また、当院の特筆すべきところとしましては、マイクロスコープエアロゾル対策に効果絶大なラバーダム防湿下での処置を以前から日常的に行なっていることです。ラバーダム防湿下での診療は、根管治療だけでなく、一般的なう蝕治療(修復治療)でも使用しております。
 マイクロスコープ診療は術部位と術者の顔面との位置関係が肉眼、ルーペ診療と比べると格段に離れており、また今回フェースシールドを設置したことによりエアロゾル感染予防において非常に効果的な対策が実現できていると考えております。

 当院が自由診療の歯科医院であり、以前より歯科医師、歯科衛生士ともに1日4人までの診察にこだわり続けている理由は、これらの感染対策を含め医療としてできる最善の診療環境を通院されている全ての患者さんに提供するためなのです。

歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!
「ラバーダム防湿下における齲蝕治療(修復治療)」
歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!
歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!
「歯の神経を残す治療」
マイクロスコープ、ラバーダム防湿下での虫歯治療。
虫歯が深く、感染歯質除去中に歯髄(神経)が露出してしまった場合でもマイクロスコープ視野のもとMTAセメントを用いることで、かなり多くのケースにおいて抜髄(神経を取る処置)することなく歯髄の保存が可能です。生活歯髄温存療法の成功率が高く、当院では抜髄根管治療はここ3年間行なわれておりません。成功率は90%を超えております。
歯科医院としてできる、万全の感染予防対策!!
「開院当初より設置されている医療用空気清浄機」

カテゴリー

アーカイブ

〒215-0021 神奈川県川崎市
麻生区上麻生1-3-5 ドレイク202

■診療時間
午前9:30~13:00
午後15:00~19:00
※土曜日の診察終了時間は12時30分です

■休診日
木曜、日曜、祝日

  • 症例集
  • 医院ブログ
[an error occurred while processing this directive]